アレルギー性鼻炎の症状と原因とは?

発作性再発性のくしゃみ、水性鼻漏、鼻閉が3主徴です。
人の鼻では、侵入してきた特定の原因物質(アレルゲン)を自分以外の物質(異物)と判断すると、それを無害化しようとする反応(抗原抗体反応)がおこります。その結果、風邪も引いていないのに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が出てくる病気をアレルギ-性鼻炎と言います。
原因となるアレルゲンは、日本ではハウスダスト(ダニ)が最も多く、次にスギ花粉、その他にはカモガヤ花粉、ブタクサ花粉、カビ(真菌)等があります。

「何のアレルギーなのか」、はご希望により当院で検査を行なうことが可能です。

花粉症とアレルギーは違う?

花粉症もアレルギ-性鼻炎のひとつで、草花の花粉が原因です。アレルギ-性鼻炎は決まった季節だけに鼻の症状がおきる季節性アレルギ-性鼻炎と、一年を通じておきる通年性アレルギ-性鼻炎に分けられ、花粉症は季節性アレルギ-性鼻炎の代表的な病気です。ただし、花粉症では鼻炎の他にも、結膜炎や咽頭炎など鼻以外のアレルギ-性炎症もおこります。

詳しくは花粉症のページ

アレルギー性鼻炎の治療法は?

薬物治療

最も一般的に行われている方法です。抗アレルギー薬(ヒスタミン等の化学物質の遊離を抑制する薬)、
ステロイド点鼻薬等が主に使用されます。これらの薬を症状に応じて使い分けて症状の改善を図っていきます。

手術療法

強い鼻づまりがあったり、薬物療法等では鼻づまりの改善がみられない場合に手術を行います。手術の方法は色々とありますが、現在では炭酸ガスレーザーを用いて鼻の粘膜の表面のみを焼く手術が主流です。
この方法は外来手術で可能で、疼痛、出血等の合併症もほとんどみられません。
当院での炭酸ガスレーザーを用いての治療は、来夏以降を予定しております。

アレルギー性鼻炎は一生治らないの?

特定のアレルゲン(原因)に対するアレルギー反応は何らかの形で残りますが、年月の経過と共に、アレルギー反応が弱まったり、また逆に強まったりする場合があるようです。この病気は根本的には体質に関わっていますので、「治る」という言い方は適当ではないかもしれません。しかし、治療や日常生活での注意(抗原との接触を絶つことなど)により症状を軽くしたり、出にくくすることはできますので、一生続くといえば続くのが基本ですが、その反応は異なるというのが答えでしょうか。 一度アレルギー反応が出た場合は、なるべくそのアレルゲンを遠ざける生活を心がけるようにすれば、一定の割合でアレルギー性鼻炎の症状を弱めることが可能です。