扁桃炎の症状と原因は?

ノドの左右にある扁桃(いわゆる扁桃腺)と呼ばれる部分に細菌が感染し、炎症がおこるものです。 扁桃は、口から体内に侵入してくるウイルスや細菌から、体を守る「免疫」の役割を持っています。ただし、風邪や疲れ・ストレス、気温の急激な変化、のどの乾燥などによって、扁桃についたウイルスや細菌が増殖すると、炎症を起こし腫れてしまいます。 原因となる菌は溶連菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌などで、39~40℃の高熱、悪寒、食べ物を飲み込んだ時の痛み、扁桃の発赤と腫れなどが起こります。 また、炎症が広がると扁桃周囲炎を起こしたり、繰り返すと慢性扁桃炎をおこします。

当院での治療法は?

細菌感染による扁桃炎の場合、数日間程度の抗生剤投与で回復が見込まれます。しかし、症状が風邪によく似ているため、自己判断で放置してしまう人が多く、その結果さらに重大な病気にかかってしまう可能性があります。発熱や扁桃が腫れるなどの症状が現れ、風邪薬を服用してもよくならない場合は、専門医に相談しましょう。のどの痛みが強いので、食事がつらかったり、水分が摂りにくくなったりしますが、脱水症状をおこさないように水分は必ず摂取するようにして下さい。抵抗力を落とさない為に、過労やストレスには気をつけ、十分な睡眠、栄養のある食事をしっかり摂りましょう。また、飲酒、過度の喫煙は控え、のどを乾燥させないようにうがいを行いましょう。

手術はした方が良いの?

以前は、扁桃炎が起こるようであれば、手術を行って扁桃を取り除いていましたが、現在では必要以上の手術は行うべきでは無いという考え方が主流です。 ただ、頻繁に扁桃炎を繰り返すようであれば、扁桃を取り除くことも選択肢の一つです。その際は総合病院での手術となるため、病院をご紹介致します。