カゼの症状と原因は?

通常「カゼ」と呼んでいる病気の正式な病名は「かぜ症候群」と言われる病気です。
「普通感冒」「インフルエンザ(流行性)感冒」「咽頭炎」「気管支炎」など主に上気道(空気の通り道)の急性の炎症を指します。
かぜ症候群の原因の80~90%はウイルスの感染で、他には寒さ・アレルギー・細菌感染などが挙げられます。一般的には体の抵抗力が弱っている時に、細菌やウイルスが鼻やのどに侵入して炎症を起こすものです。 症状は、鼻水、鼻づまり、体の倦怠感、のどの痛み、発熱、腹痛など、感染した細菌やウイルスによって異なります。

単にカゼだと思って甘くみていると、肺炎などの重篤な病気に進行する場合がありますので、しっかりと治すようにしてください。

風邪はどこの病院で診てもらう?

カゼの症状は、のどの痛み、鼻水、せき、たん、発熱などほとんどが耳鼻咽喉科で診療を行う範囲の症状であるといえます。中耳炎、急性副鼻腔炎、咽喉頭炎など耳鼻科で治療する病気と組み合わさる事が多く、中耳炎や副鼻腔炎をおこされたことのある方や、鼻の処置ですぐに楽になりたい方は耳鼻咽喉科を受診されることをお勧めします。

当院での治療

鼻・のどの処置にはネブライザーによるお薬の吸入を行います。そしてお薬の処方を行います。夏など扁桃炎がひどい場合では点滴を行う場合があります。
風邪の場合は抵抗力を回復させることが必要ですので、何よりも安静にすることが大切です。栄養を摂って薬を飲み、ゆっくり体を休めるようにしてください。

カゼの時にお風呂に入ってもいい?

カゼをひいている時にお風呂に入って良いかどうかは、一概には言えませんが、高熱や鼻づまりがきつい時以外は、気分をスッキリさせたり代謝を高めるためにお風呂に入るのも良いでしょう。
ただし、カゼをひいたときのお風呂は、ぬる過ぎず熱過ぎないお湯にサッと入る程度にしましょう。大切なのは、湯冷めをしないこと。湯冷めしてしまうと、逆に症状が悪化したりする可能性もあります。
また、浴室やお風呂上りに過ごす部屋は、お風呂に入る前にあらかじめ暖かくしておくことも大切です。